ホーム > ソリューションと製品 > Sigma-LA

LTE & WCDMA : 無線ネットワーク測定ツール

Sigma-LAは、移動機、スキャナ、GPS機器からの通信ログデータを取得、モニタリング、保存するWindowsアプリケーションです。最大4台の移動機、2台のスキャナ、1台のGPS機器からのデータを同時に取得できます。また、データ収集後に保存したデータを再生する機能も備えています。無線ネットワークの最適化及びトラブルシューティングに必須のツールです。

最適化

Sigma-LAは、L1データに基づいたLTE/WCDMA/GPRSのスループットやパケットエラー率を表、グラフ、地図上にリアルタイムに表示します。L3メッセージはリアルタイムでデコードされ樹形図構成で表示されます。セルサイト情報も地図に表示されます。Sigma-LAは無線ネットワークの最適化に不可欠な情報を提供します。

モニタリング

Sigma-LAはドライブテストで無線ネットワーク品質を評価するのに最適なツールです。Sigma-LAは4台までの端末を接続してネットワークパフォーマンスを評価できるので、競合キャリアの測定も容易に行えます。4台の端末、2台のスキャナ、1台のGPSを同時に接続することができます。

トラブルシューティング

ログファイルをSigma-LAにインポートして再生すると、コールイベントがセルサーチビューに表示されます。L3デコードビューと地図表示が同期しているので、ネットワークの問題点の詳細を簡単に見つけられます。ハンドオーバーの状態も自動的に解析します。

わかりやすい表示

現場のオペレーターを考慮してわかりやすく見やすい画面構成及び表示となっています。プロトコルメッセージ画面、L1データグラフや地図表示など全てが同期して表示され、素早く解析できるので、ネットワークの状態をより正しく判断する手助けとなります。